●大分県議会
●大分県庁
●大分市役所
●県議会議事録検索
●共産党大分市議団
●共産党別府市議団
●共産党日田市議団
●共産党大分県委員会
●共産党九州沖縄ブロック
●共産党中央委員会
 〒870-8501
 大分市大手町3-1-1
 県庁舎新館3F
 TEL&FAX 097-537-2344
 E-mail jcp-oita@oct-net.ne.jp
 第2回定例会の傍聴におこし下さい(PDF)   2019.7.10
7月17日(水)、13時から、えんど久子議員の当選後初めてとなる一般質問が行われます。時間は当日、先に質問する議員の質問の長さでずれる場合があります。ぜひ傍聴におこしください。質問内容は、国民健康保険の引き下げについて、子育て支援の充実について、教育の充実、正規教員増員について、県職員の働き方と定数増について、等の予定です。変更になる場合も……(もっと詳しく
 第1回定例会の傍聴におこし下さい(PDF)   2019.3.5
つつみ栄三議員が3月8日(金)15時頃から質疑を行います。(時間は、ずれる場合があります)質疑の場合、質問時間は答弁を含めて30分しかありませんが下記の内容(予定)で行います。是非傍聴にお越しください。ケーブルテレビ(ホルトチャンネル)でも視聴する事が出来ます。質疑の内容(予定)JR九州日田彦山線復旧及び駅無人化・減便等について。県職員・教員の多忙化……(もっと詳しく
 県議団ニュース「第4回定例会県政報告」(PDF)   2019.1.11
第4回定例県議会が11月26日から12月12日まで開催 されました。知事は県政諸般の報告に続き「2019年の 知事選挙に再度立候補する」と表明しました。つつみ 栄三県議は、12月5日の質疑で知事の政治姿勢について 7点にわたりただしました。消費税増税による中小企業への影響についての質問に対し県側は、大分県下の免税事業者は約2万7千社あることと示し……(もっと詳しく
 第4回定例会堤議員の質疑   2019.1.10
第四回定例会で堤栄三議員が本会議で行った一般質問と、県の答弁は以下の通りです。(堤県議)知事は県政諸般の報告に続き、次期県政を担うため知事選挙に立候補すると表明し、「県民中心の県政を基本とし、安心・活力・発展の大分県づくりに全力を挙げる」、「大分県の振興と県民生活の向上に取り組む」と述べました。そこで、以下の諸点についての基本的な考えを問います……(もっと詳しく
 第4回定例会の傍聴におこし下さい(PDF)   2018.11.29
大分県議会12月定例会で、つつみ栄三県議が質疑を行います。日程は12月5日の午後3時頃からの予定ですが、他の質問者の時間次第で前後にずれこむこともあります。質疑の内容は、インボイスによる大分県内の中小企業への影響について、オスプレイの訓練を含む日米共同演習について、漁業法の改定について子ども医療費助成制度拡大について、県内公共施設の……(もっと詳しく
 県議団ニュース「第3回定例会県政報告」(PDF)   2018.11.28
第3回定例会が、9月5日から25日まで開会されまし た。今議会では、防災対策や災害復旧事業、県立学校 や私立学校、住宅等の危険ブロック塀の撤去やフェンス 等の設置事業としての補正予算54億円が計上されまし た。つつみ栄三県議は一般質問や委員会で、しっかり県 民の声を届けました。つつみ栄三県議は、8月に政府要望に行った成果も紹介しながら、9月12日に……(もっと詳しく
 第3定例会堤議員の一般質問   2018.11.5
第三回定例会において、9月12日、堤栄三議員が本会議で行った一般質問と、県の答弁は以下の通りです。(堤県議)日出生台での日米共同訓練について質問します。5月16日に米軍関係者が、今年10月から12月にかけて行われる日米共同訓練のために日出生台を視察したことが明らかになりました。視察については大分県に事前に何ら説明がなかったことも問題です。これまで……(もっと詳しく
 第3回定例会の傍聴におこし下さい(PDF)   2018.9.4
大分県議会第3定例回が9月5日から25日の会期で開かれます。堤栄三議員の一般質問は、12日(水)の10時からの予定です。通常の議会は質疑に参加できますが、一般質問は今議会だけです。内容は、日出生台での日米共同訓練について、メガソーラー建設問題、JR九州無人化問題、県営住宅の営繕等について、新日鐵住金大分製鉄所によるばいじん対策等について……(もっと詳しく
 第2回定例会堤議員の質疑   2018.8.8
6月20日、第2回定例会で堤栄三議員が行った質疑です。まず、日田彦山線の復旧について、先般「鉄道軌道整備法の一部改正法案」が国会で可決されました。一部に問題はありますが、赤字路線が激甚災害等の大規模災害を受けた場合に、一定の要件を満たせば黒字の鉄道事業者でも補助できる制度です。しかし復旧するかどうかは事業者の判断となっています。先日の……(もっと詳しく