●大分県議会
●大分県庁
●大分市役所
●県議会議事録検索
●共産党大分市議団
●共産党別府市議団
●共産党日田市議団
●共産党大分県委員会
●共産党九州沖縄ブロック
●共産党中央委員会
 〒870-8501
 大分市大手町3-1-1
 県庁舎新館3F
 TEL&FAX 097-537-2344
 E-mail jcp-oita@oct-net.ne.jp
 県議団ニュース「第2回定例会県政報告」(PDF)   2018.5.10
第2回定例会が、6月12日から27日まで開会されました。今議会では、中津市耶馬溪町金吉で発生した斜面崩壊の復旧工事費や、土砂災害ハザードマップの作成 料など、約21億円の補正予算が計上されました。また今回も「教職員削減条例」も提出され、本会議で質疑を行いました。「だれもが安心して暮らせる大分県を作る会」など3団体が、駅の無人化方針の撤回や減便を見直す……(もっと詳しく
 第2回定例会の傍聴におこし下さい(PDF)   2018.6.14
県議会第2定例会(6月定例会)が6月12日(火)から6月27日(水)の会期で開催されています。日本共産党のつつみ栄三議員の一般質問は6月20(水)、15時頃を予定しています。質問内容は、JR日田彦山線復旧及び無人化等について、教職員定数の拡大及び臨時講師の学級担任問題、2018年度税制改正について、などです。質問時間は前の議員の状況で……(もっと詳しく)……(もっと詳しく
 第1回定例会堤議員の質疑   2018.5.23
3月14日、第1回定例会で堤栄三議員が行った質疑は以下の通りです。まず知事は県政執行の方針の中で、「災害からの復興で一日も早く被災した方々が安心して暮らせるように生活再建に向けて支援する」と述べています。この観点からするとJR九州の日田彦山線の早期復旧は非常に重要です。先日仁比そうへい参議員と共産党の九州各県の地方議員団がJR九州本社へ行き……(もっと詳しく
 第1回定例会先議案件の質疑   2018.5.22
3月6日、第1回定例会の先議案件として、堤栄三議員が行った質疑は以下の通りです。今回上程しました職員の退職手当に関する条例等の一部改正についてお聞きします。今回退職手当の調整率について、今年定年退職される方には経過措置として0.859を、来年度からは国と同じ0.837を乗じて減額します。金額では、例えば勤続38年の行政職課長補佐級の今年度退職者で24万6,788円の減……(もっと詳しく
 県議団ニュース「第1回定例会県政報告」(PDF)   2018.5.10
2月27日から3月29日までの約一か月間、約6,200億円の県予算を審議しました。災害復旧や生活再建、中小企業支援やくらし応援の予算となっているかなどしっかりと議論しました。また、今議会では先議案件(3月末までに決しなければならない議案)と当初予算等で質疑を行いました。3月6日は、県職員の退職手当削減について質問したほか、大分臨海コンビナートの……(もっと詳しく
 第1回定例会の傍聴におこし下さい(PDF)   2018.3.8
県議会第1定例会(3月定例会)が2月27日(火)から3月29日(木)の会期で開催されています。日本共産党のつつみ栄三議員の一般質問は3月14(水)、15時頃を予定しています。質問内容は、JR九州日田彦山線復旧及び駅無人化・減便等について、県職員・教員の多忙化解消について、公文書館に記載された不妊手術について、などです。質問時間は前の議員の状況で……(もっと詳しく
 県議団ニュース「第4回定例会県政報告」(PDF)   2017.12.26
2018年も昨年同様のご支援をお願いいたします。 2017年は、大分市議会議員選挙や総選挙、そして7月 には九州北部豪雨災害、9月には、台風18号によって多 くの被害が生じました。県議団としても現地災害対策本 部を立ち上げ、復旧等に尽力してきました。県に対して も災害対策の強化など議会でも求めてきたところです。 2018年も県民のくらし福祉応援の政治実現……(もっと詳しく
 第4回定例会堤議員の質疑   2017.12.23
まず第7号補正予算について。今年7月の九州北部豪雨災害では、住家被害1,315棟のうち一部損壊及び床下浸水は848棟で、被害の64.5%を占めています。9月の台風18号被害でも、住家被害3,308棟のうち57.9%の1,915棟となっています。県としても道路や農地等の復旧、災害ボランティアや避難所などの設置等に尽力していることについては評価します。その支援を……(もっと詳しく